突然耳の聴こえが悪くなったら突発性難聴の可能性があります

耳の不調に気付いたら

女性と男性

片側の耳が聴こえない

ある日突然、片側の耳が聴こえなくなったり、つまる感じがする、耳鳴りが酷いという場合は、突発性難聴になっているのかもしれません。人によっては昼間はなんともなかったのに、夕方になると眩暈が起こってしまったり聴こえが悪くなることで始まることもあるようです。このように突然急に発症してしまう内耳の病気を突発性難聴と言います。この病気は、誰にでも起こりうるものであり、珍しいものではありません。ただし、10歳以下にはあまり起こらないと言われています。症状が軽い人はそのうち元に戻るだろうと放っておいてしまうようですが、実際には早期治療がとても大切な病気でもあります。放っておくと悪化してしまい、聴力が落ちてしまうこともありますので、片側の耳の調子が悪いことに気が付いたらすぐに受診するようにしましょう。

耳の聴こえが悪くなる原因

突発性難聴の原因は様々であり、これという明確なものはありません。寝不足が続いていた李、風邪を切っ掛けに起こったり、ストレスによるものだったりと人によって異なります。実際に突発性難聴になった人の多くが、前日までに不調を感じていないということが多く、本当に突然起こる症状なのです。内耳のウイルス感染や内耳の血管系の異常、血流の障害なども考えられますし、内耳の中のリンパ液の量や性状の変化、内耳窓破裂(内耳と中耳の境界の壁から内耳のリンパ液が漏れる)、内耳の神経腫瘍なども原因と考えられていますが、はっきりとしたものはわかっていません。突発性難聴の治療法は原因が不明のことが多い為、手探りではあるのですが、薬物療法が主となります。早期治療を開始することで治ることがわかっていますので、耳に異変を感じたらすぐに受診してください。

安全な薬を処方してくれる

花粉症対策のために医薬品を使い分けたり、咽頭クラミジアの治療のために医薬品だけでなく点滴も併用したりと、様々な治療を行ってくれるのが新宿の耳鼻咽喉科です。検査を丁寧に行ってもらえる上に、患者の生活スタイルに合わせた治療法を考えてくれる医療機関を求めている方々に向いています。

自分の大切な耳のために

補聴器は、様々なメーカーが作っており、様々な販売店で販売されています。どの補聴器にするかであったり、どの販売店で購入するか選ぶのは大変で、面倒なことも多いかもしれません。ですが、自分のためにもしっかりと検討すべきです。

使用感と聞こえ方が大切

自分に合った補聴器ほど、役に立ってくれるものはありません。一人一人の聞こえ方が異なる様に、当然、必要となる補聴器や性能も違ってきます。多くの製品の中から、最適な補聴器に出会えるかどうかは選び方がポイントです。付け心地や聞こえ方など、自分にとって好ましいものを選ぶことが大切になります。